家づくりへの思い~住み継ぐ家のための3つの約束~

シンプルを極める。そのためのシンプルのルール


敷地を読む-Site Planning-

敷地を読み、住まいの骨格をつかむ。

どんな家づくりも、敷地と住まい手の思いから始まります。とくに敷地を正しく読むことは、プランづくりにおいても最も重要な要素であるといえます。

敷地は思った以上に多くのことを語ってくれます。
形状や大きさ、方位、環境だけでなく、その土地の気象風土も大きな手がかりになります。もちろん、建築法規も忘れてはならない条件の一つです。

そうした条件を一つ一つ整理していくうちに、どんなかたちの、どんな住まいができあがるかが見えてくるから不思議です。

暮らしを読みとる。

気持ちのいい空間には、必ず「自然」が味方をしています。そこでまず、私たちは空気の流れを考えます。

一つは、新鮮な外気を運び込む「風の道」をどう招き入れ、どう抜けていくのが理想なのか。重要なのは部屋の隅々まで風が渡っていくということです。

そして、もう一つが「太陽の道」です。住まいには部屋に応じた光の採り方があり、リビングやダイニングは明るく、寝室や和室は落ち着いた明度に。また明るさとともに熱をコントロールして活かすことも重要です。

季節によって異なる太陽の高さを考慮して、家の向きや窓の位置、大きさを決定していきます。


プランニングをする-Simulation-

風の道、太陽の道をつくる。

敷地の特性をつかむと同時に、家族の暮らしぶりを読みとることもプランニングには欠かせません。

生活の中で不便に思っていることや解決したいこと、大きな夢から日常の細々とした事柄まで、すべてを口に出したり、具体的にメモしたりするうちに、住まいの手自身も自分たちにとって何が最も大切なのか、その優先順位がなんとなくわかってくるものです。

住まいづくりほど、家族みんなでこれからの暮らしについて率直に語る機会はないかもしれません。家族はお互いの思いを確かめながら、プレストは住まい手の思いをしっかりと受けとめ、整理しながら、プラン作りに活かしていきます。

敷地全体で考える。

土地特有の「雰囲気や空気感」は、実際にその場所に立ってみなければつかみとることはできません。これらを見つけ出しながら、まず、敷地全体で住まいの輪郭を描いていきます。

ここで大切にしたいのは、あくまでも周辺環境も含めた敷地全体のゾーニングを考える、ということ。
ですから、周辺環境との調和、家並みの形成という観点から、そこにあるべきかたちを見つけ出していくことも、ここで必要とされる作業の一つです。

さらに日照や風向きなど、地域の気象データはもちろん、その地点の微気候をプランニングに活かしていきます。

つながりをつくる。

心地いい家は、きまって家の中と外とのつながり、空間から空間へのつながり、家族同士のつながりが十分に配慮されています。つまりプライバシーは保たれながら、どこかでゆるやかにつながっている空気感が、ひとを安心させ、和ませるのだと思います。

とくにひとが集う場所をどこにどうつくるか、あるいは個々が心落ち着ける場所をどう設けるかということは、「つながり」を考える際に欠かせない要素です。

この「つながり」の手網加減、バランスこそが、住まいの根幹であるといっても過言ではありません。

おおらかに結ぶ。

住まいは、同じ場所で、同じ佇まいで家族と永い時間を共にすると思われがちですが、実際は子供が成長すれば住まい方が変わり、木々の背丈が伸びれば木漏れ日のかたちが変わり、近隣に風景が変わればリビングからの景色も変わります。

すなわち、住まいが竣工した日が完成ではなく、そこが住まいの歴史の始まりであるということ。

私たちは時間の経過を含んだ住まいとして、間取りや外とのつながり、近隣の関係について、ある意味「おおらかさ」が大切であるとも考えております。

おおらかな視座は、時間をも味方につけて住まいへ愛着を育て、豊かさを醸成し、街並みへの想いを育てます。消耗品ではなく、かけがえのない住まいのあり方を大事にしたいと思います。

  • 請求・お問い合わせ

    自然素材の家に興味を持たれた方や不明な点がある方は下記よりお問い合わせください。

  • 無料見学会予約受付中

    プレストがつくるこだわりの自然素材の家を体験しませんか?

各種 お問い合わせ・資料請求・モデルハウス見学会のお申込みは下記よりお問い合わせください
  • 電話番号:079-281-6335
  • 資料請求・お問い合わせフォーム

家づくりへの思い

ページの先頭へ戻る