04月27日(月)

播磨町「こだわりを取り入れたそとん壁の家」上棟しました。

分譲地の標準的な敷地サイズの住まい

新規分譲地内に約43坪の標準的な敷地サイズの住まいが
先日播磨町にて上棟しました。

延床面積27坪。
一般的には狭くないのかな?と思われがちですが
家族3人が快適に暮らせる十分な広さで各個室も設けた住まいです。

こだわりの持った勉強熱心なご主人

こだわりのあるご主人は気になる設備や建具など実際に展示会に足を運ばれたり、
一つ一つ調べられたり、とても勉強熱心。

こちらも初めて見聞きすることもたくさんあり、
毎回新鮮な打合せでした。

そして今回は勉強熱心なご主人が探してこられた既製品の木製内部建具を採用しています。

実際にプレストの事務所の打合せ室にサンプルを取り付けています。
(向かって右側)

プレストの住まいに馴染む無垢杉の引き戸。
板目でとても綺麗な材です。

こちらと同じ建具を取り付ける予定です。
実際にプレストの住まいに取り付けたときの雰囲気が楽しみです。

上棟式

上棟の終わりに上棟式を執り行いました。

ご家族の皆さんと大工さんへの労いとこれから進めていく工事の安全を祈願して
無事にまた一棟スタートです。

素敵な贈り物

また、お施主様よりこんな素敵な手書きのはがきをいただきました。

せっかくなので先日開催した「杉板鎧張りの木の家」オンライン見学会で飾ってみました。
(オンライン見学会のこともブログに書きます)

こういった心遣い、とても嬉しいです。いつもありがとうございます。
最後になりましたが、完成までどうぞよろしくお願いいたします。

  • Index