スタッフBlog

家づくり・暮らしの情報をお届けします。

05月27日(水)

「玄関土間のあるそとん壁の家」完成・お引渡しをしました。

5月晴れのお引渡し

爽やかな5月晴れのなか、
姫路市にて「玄関土間のあるそとん壁の家」の完成お引渡しに行ってまいりました。

残念ながら完成見学会は開催できませんでしたが、
全体的にまとまりのある、とても素敵なお住まいです。

せっかくですので少しご紹介したいと思います。

人気のそとん壁

外壁は人気のそとん壁・ベージュ色。
最近はかき落とし仕上げが続きましたが、今回は一条波仕上げです。

落ち着きのあるモダンな雰囲気になるのが一条波仕上げ。
一方、素朴で柔らかい雰囲気のかき落とし仕上げです。

どちらも甲乙つけがたいくらい素敵な仕上げ方です。

また、外部木部の塗装の色が変わるだけで、雰囲気もガラリと変わります。

そとん壁の色・仕上げ方・木部の塗装色で幾通りのパターンがありますので、
ぜひお気軽にお尋ねください。

お互いのお気に入りを・・・

趣味で自転車に乗られるご主人は、自転車が置ける玄関土間を希望されました。

玄関の土間を通常より少し広くとって自転車を収納できるようになっています。

これからお子様が生まれたらベビーカーが置けたり、
ちょっと余裕のある玄関土間っていいですね。

奥さまのこだわりは、オリジナルキッチン。

バックカウンターの上に飾り棚を設け、
お気に入りの食器や雑貨を飾れるようになっています。

毎日のご飯づくりも、お気に入りの物たちに囲まれるとやる気も出ますね♪

キッチン横のスタディーコーナー

キッチン横にはスタディーコーナーを設けています。

パソコン作業をしたり、読書をしたり、
お子さまが大きくなれば、
キッチンでご飯を作りながら宿題しているお子さまの様子も見まもれます。

デスクを設けることで、ダイニングテーブルに広げずに済むので
いつもきれいな状態を保てるのでとてもいいですね。

主婦目線ですが、
買い物や仕事から帰宅して、買い物袋と郵便物やバッグを両手に持って室内に入ったとき、
真っ先にキッチンへ向かうことが多いですよね。

そんな時キッチン横のデスクに郵便物とバッグを置いて、
そのまま食料品をしまえると、ムダな動きがないのでこれもまた家事の時短になります。

小上がりの和室

1Fにはリビング横に小上がりの和室があります。

床下収納も設けているので、
お子さまがいる場合はおもちゃを収納したり、普段使いのお洋服だったり、
ちょっとした寝具なんかも収納できそうです。

こうした必要なところに必要な収納があるのというのが、
使いやすく、暮らしやすいのだと思います。

4.5帖の和室でも押入れと床の間を設ける場合、最低6帖は必要になります。
6帖分の和室が取れない場合、小上がりの和室はとても有効です。

床の間のある和室が良いのか、畳コーナーが良いのか、小上がりが良いのか、
和室をひとつとっても色々なパターンがあります。

やっぱりいい!ウッドデッキと緑のある家

新型コロナウィルスの影響で
外出もままならず、満足にお散歩もできない日々が続きました。

そんな中、ずっと自宅で過ごされて気分も滅入ってしまったという方も
たくさんいらっしゃたのではないでしょうか。

こんな時だからこそ、
プレストの住まいに欠かせない、ウッドデッキと庭の木々の出番です。

デッキに出てれば、庭の木々が風に揺れる音を感じたり、鳥のさえずりが聞こえたり、
室内にいても、ウッドデッキに出ても、季節の移ろいを感じられる庭木のある住まいは、
近年殺風景な住まいが増えているなか、じつはとてもの贅沢なことです。

自宅にいる時間が長かったからこそ、
ウッドデッキや庭の木々の大切さを改めて感じられたんじゃないでしょうか。

保城モデルハウスのご見学いただけます

プレストでは随時、モデルハウス見学のご予約を受け付けています。
ご予約制となっておりますので、見学ご希望の方は下記よりご予約ください。

ご予約はこちら

また、新たにモデルハウスページも開設しましたので
ぜひお家時間にチェックしてみてください。

モデルハウスページはこちら

05月11日(月)

珪藻土塗り体験を行いました。

お施主様の塗り壁体験

今年のGW、皆さんどのように過ごされましたでしょうか。

ステイホームの流れの中で、
おうちで過ごされた方々が多かったのではないでしょうか。

プレストではGW前に、稲美町の新築中のおうちで、
湯布珪藻土の塗り壁体験をご家族限定で行いました。

2階の子供室の壁で、コテの使い方を職人さんに指南してもらい、家族みんなで塗っていきました!

見よう見まねで、コテに珪藻土をのせ、それを壁に塗っていき…あっと言う間に完成!

家族みんなで塗った壁のコテムラの跡が良い感じです。

ステイホームの流れの中、ささやかながらご家族の思い出づくりのお手伝いが出来たようで、
良かったと思います。

子供さん達も家づくりの体験がいつまでも思い出に残ってくれたらいいなと思います。

湯布珪藻土

この湯布珪藻土ですが、
調湿性能が高く、自然素材100%で、住まい手自身で補修メンテナンスが出来るのが長所です。

詳しくはこちら → 湯布珪藻土

モデルハウスの壁にも使われている素材なので、是非、現物を体感してみて下さいね!

ちなみにモデルハウスの壁の一部はプレストスタッフが塗り壁体験しました!
その時のブログもぜひご覧ください。

ブログはこちら → 湯布珪藻土をセルフビルドで施工

05月9日(土)

はりまの家BOOKの取材。

「薪ストーブのあるそとん壁の木の家」の取材

先日、2月にお引渡しをした「薪ストーブのあるそとん壁の木の家」の取材に伺いました。

( 見学会の様子はこちら → 「薪ストーブのあるそとん壁の木の家」完成見学会 )

庭に植えられたたくさんの木々は青々と茂っていて、
新緑の季節を感じさせてくれるお庭となっていました。

お庭には薪ストーブの薪置場が設置されていたり、
テントを張っておうちキャンプをしてみたり、
お引渡しをして2カ月ほどですが、新居での暮らしを愉しんでいらっしゃいました。

お子さまもお庭を駆けまわったり、サンデッキに取り付けたハンモックに乗ったり、
伸び伸びと遊んでいるようです。

オリジナルL型キッチンのバックカウンターには飾り棚を設けていたのですが、
奥さまのお気に入りの雑貨や観葉植物など可愛く飾り付けてらっしゃいました。

毎日立つキッチンにお気に入りの物を飾るとお料理するのも楽しくなりますね♪

その他にも薪ストーブや建物一体型駐車場(屋根付きガレージ)のあるお住まい。
とっても素敵なお住まいなので発売が今から楽しみです。

また発売日が近づいてきましたらブログでもご案内させていただきたいと思います。

お忙しいところ取材にご協力いただきありがとうございました。

こんな時だからこそ・・・

まだまだステイホームが続く日々ですが、
ずっとお家に居ると快適な住まいについて考えられる方が多いのではないでしょうか。

お庭の木々が見渡せたり、サンデッキで日向ぼっこしたり、
公園へ行ったりお散歩が出来なくても、一歩踏み出せばお出かけしているような空間。

プレストでは標準仕様にしていたことが、実はとっても贅沢なのかもしれません。

こんな時だからこそ、サンデッキでご飯を食べたり、庭のお手入れしたり、
ご家族で暮らしを存分に愉しめるのがプレストの住まいです。

今はまだ不要不急の外出は控える時期ですが、
プレストのモデルハウスではオンライン見学も受け付けています。

オンライン見学には事前のご予約・プレスト公式LINEの登録が必要となります。
ご予約をいただきましたら、弊社よりご案内いたします。
(ご予約の際は、モデルハウスオンライン見学を選択してください)

ご予約はこちら

新たにモデルハウスページも開設しましたので
ぜひお家時間にチェックしてみてください。

モデルハウスページはこちら

04月28日(火)

姫路市「杉板鎧張りの木の家」オンライン完成見学会を開催しました。

初めてのオンライン完成見学会

先週末開催予定だった姫路市「杉板鎧張りの木の家」完成見学会。

コロナウィルス感染拡大防止の観点からオンライン完成見学会に変更させていただき、
また、初めての試みということで限定させていただいた方のみのご案内での開催となりました。

今回プレストで開催したオンライン見学会は
LNEのビデオ通話を利用して、ご来場いただいた時のように一対一での対応とさせて頂きました。

開催当日のディスプレイ完成後、在宅の設計スタッフとLINEビデオ通話を使って実践練習。

画面越しの在宅スタッフのアドバイスを受けながら、なんとか形になりました(^-^;

「住まいのレシピ」をご覧いただきながら・・・

プレストの完成見学会ではご来場いただいた皆さまに「住まいのレシピ」という
見学いただく住まいの間取り図と説明を書きこんだレシピをお渡ししています。

こちらは毎回スタッフが手描きで作成しています。

今までの仕様と違うところや少し説明が必要なところ、
お施主さまのこだわりポイントだったり、
プレストとお施主さまが見ていただきたいと思うポイントを書きこんでいます。

実際にご来場いただいた場合でもなんとなくご覧いただくより、
この「住まいのレシピ」をご覧になりながら見学いただくと、より分かりやすいです。

今回はテレビ通話での見学でしたので、
事前に「住まいのレシピ」をお渡しして、ご覧になりながらご案内させていただきました。

「杉板鎧張りの木の家」を少しだけご紹介。

とにかくカッコイイ杉板鎧張りの外壁!
杉板にウッドロングエコという天然成分を使用した塗料で仕上げています。

収納充実の和室は左側の布団棚と右側はパイプ棚2段と可動棚。
和室の先にはデッキへと続くので
洗濯物を取り込んで、畳んで、そのまま収納へしまえる時短間取り。

寝室には吹抜けを通じてリビングともつながる小窓を・・・

こんな感じで一つ一つご紹介しながらのオンライン見学会でした。

本当はビデオ通話での見学会はこんな感じです♪とお伝えするために
スクリーンショットを撮る予定でしたが、とにかく必死すぎて、、笑
そんな余裕もなくあっという間に終わってしまいました。

初めての試みながら4組のお客様が参加くださり、不慣れで拙い進行ではありましたが、
みなさまのおかげで無事に開催することができました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

オンライン完成見学会、課題はいっぱいですが・・・

初めてオンライン完成見学会を開催してみて、
カメラの動かし方や説明するときのスピード、サイズ感や色の伝え方、
説明するスタッフはお客様の顔が見えないので手応えを感じなかったり、
映す側のスタッフは指がつったり。笑

しっかりと道具を準備しないといけないなど、次回への改善点はたくさんありました。

参加された方の印象としては
今回参加された方は小さなお子さまがいるご家庭がほとんどです。

ビデオ通話中の様子を見ていると、ご自宅だとお子さまも自由にできるので、
ご両親が集中してご覧いただけているように感じました。

また、ご参加いただいた方の感想の中には、
家にいながらの見学は意外と楽だったという声もありました。

お子さまから目を離せずじっくり見ることができなくて、気を遣いぐったりしてしまった・・・
ということもないので楽だったのかもしれません(^^)

気になるところは質問していただいてお答えしながらのオンライン見学会。

木の香りや質感を体感いただけないデメリットはあるものの、
開催してとても良かったと思います。

おうち時間に考えよう!

おうち時間が増えたからこそ、心地よい住まいで充実した暮らしがしたいなと思うものです。

それはたっぷりと朝日を浴びながら朝食をとれるダイニングがあり、
風通しのよい大きな窓から自然の風を取り入れ、
ちょっとくつろげるアウトリビングなサンデッキ、その先には緑あふれる庭の木々。

たっぷりとあるおうち時間に快適な住まいづくりについて考えてみませんか?

ぜひ建築事例もご覧ください。

資料請求はこちら

04月27日(月)

播磨町「こだわりを取り入れたそとん壁の家」上棟しました。

分譲地の標準的な敷地サイズの住まい

新規分譲地内に約43坪の標準的な敷地サイズの住まいが
先日播磨町にて上棟しました。

延床面積27坪。
一般的には狭くないのかな?と思われがちですが
家族3人が快適に暮らせる十分な広さで各個室も設けた住まいです。

こだわりの持った勉強熱心なご主人

こだわりのあるご主人は気になる設備や建具など実際に展示会に足を運ばれたり、
一つ一つ調べられたり、とても勉強熱心。

こちらも初めて見聞きすることもたくさんあり、
毎回新鮮な打合せでした。

そして今回は勉強熱心なご主人が探してこられた既製品の木製内部建具を採用しています。

実際にプレストの事務所の打合せ室にサンプルを取り付けています。
(向かって右側)

プレストの住まいに馴染む無垢杉の引き戸。
板目でとても綺麗な材です。

こちらと同じ建具を取り付ける予定です。
実際にプレストの住まいに取り付けたときの雰囲気が楽しみです。

上棟式

上棟の終わりに上棟式を執り行いました。

ご家族の皆さんと大工さんへの労いとこれから進めていく工事の安全を祈願して
無事にまた一棟スタートです。

素敵な贈り物

また、お施主様よりこんな素敵な手書きのはがきをいただきました。

せっかくなので先日開催した「杉板鎧張りの木の家」オンライン見学会で飾ってみました。
(オンライン見学会のこともブログに書きます)

こういった心遣い、とても嬉しいです。いつもありがとうございます。
最後になりましたが、完成までどうぞよろしくお願いいたします。

04月22日(水)

姫路市「そよ風ソーラーのある2階リビングの木の家」が上棟しました。

手上げの上棟

4月の上旬、姫路市にて上棟しました。

今回は建替えのお住まいで、四方住宅に囲まれた旗竿地。
敷地条件的に上棟時のレッカーが入らず、数年に一度の手上げの上棟となりました。

手上げの上棟とは、
レッカーで柱や梁を吊り上げて組み上げていくところを、
大工さんや職人さんが柱や梁を一本一本人力で上げて組み上げていきます。

いつもは1日で屋根まで上げる所を、今回は3日にかけて棟上げ。

入社早々ですが新入社員二人の若い力も全力で借りて
無事に3日間の上棟を終えました。

この先手上げの上棟が何件あるの?というくらい珍しい上棟。

社会に出て間もなく体験できたことは、
この先住宅業界で働くうえで、とても良い経験になったと思います。

現場は変わらず進んでいます

コロナウィルスの影響で上棟式は中止になってしまいましたが、
今も工事は順調に進んでいます。

このまま予定通りに進めば7月ごろ完成です。

以前と変わらずお客様にご来場いただいて見学会が開催できるのか、
それともオンラインでの開催となるのか、、今はまだわからない状況ですが、

こんな時だからこそ、この先必ず来る明るい未来のために
家づくりについてじっくり考えるきっかけになっていただけたらと思います。

「#Stay home #おうち時間」が充実していただけるよう
私たちも発信を続けいていきたいと思います。

資料請求もこれまで通り随時受け付けています。
ぜひおうち時間を利用してお問合せ下さい。

資料請求はこちら

04月21日(火)

プレストの新入社員。

目まぐるしく変化する日々に追われ、なかなかブログまでたどり着かずにいましたが、
プレストもようやく落ち着いてきましたので、少しずつブログを更新していく予定です。

今みなさんにお願いしたい「#stay home #ステイホーム」のおうち時間に
ご覧いただけたらと思います。

久しぶりの新入社員

遡ること4月2日、プレストに2名の新入社員をスタッフとして迎えました。

初めて社会人として働く心得、プレストの仕事のことなど、社長からお話されました。

社長に聞いてみると新卒採用はかなり久々とのことで、
私たちもこの場に同席したのは初めてでした。

これまで同世代のスタッフばかりで、良くも悪くも心地よい雰囲気で仕事をしてきましたが、
そんな私たちも部下を持つ立場になりました。
(年齢が離れすぎて、部下というより子供のような感覚です…笑)

良い意味で初心に返れる有難さ、自分たちの力量を試されているような、
若い彼らと次の階段へ登れるチャンスがやって来たような、、そんな思いです。

彼らの見本になれるよう、また若い力を存分に借りて(笑)、
私たちもステップアップできるよう邁進したいと思っています。

最後に自己紹介

最後になりましたが、
設計担当の丸山と現場担当の名筋です。

入社早々にコロナウィルスの影響で設計スタッフが在宅勤務になり、
同期二人で現場へ出かけることも増えました。

先日は先輩スタッフの指導の下、蜜ろうワックス掛けをしました。

先輩スタッフに教えてもらったり、
各現場の職人さんたちにフォローしていただいたり、気にかけて頂いたりしながら頑張っています。

これから少しずつお施主様やお客様に会う機会も増えてくると思います。
まだまだ不慣れで未熟ですが、愛嬌の良い二人です。
どうぞよろしくお願いいたします。

またHPのスタッフページも更新したいと思いますので、
その際はぜひご覧ください。

03月28日(土)

「インテリアを愉しむそとん壁の家」完成見学会を開催しました。

散りばめられた数々のこだわり

先週末、姫路市にて完成見学会を開催しました。

人気のそとん壁もあって新しいお客様もたくさんご来場いただきました。

しかしこの住まいの見どころはそとん壁だけではないのです(^^)

分譲地の敷地に建物一体型の駐車場が車1台分あります。

建物一体型駐車場とは住宅部分と駐車場の屋根が繋がっていることです。
ですので雨に濡れることなく室内へ入れ、
大切な愛車を紫外線や雨から守ることもできます。

また、建物一体型なので外観デザインの統一感、重厚感のある佇まいになります。
ご主人たっての希望で建物一体型駐車場をすることもよくあり
それくらい魅力的な駐車場なのです(^^)

こだわりのオリジナルキッチン

次は奥さまこだわりのオリジナルキッチンです。

キッチンをご覧になった方々は口をそろえて
「すごくこだわりを感じます!」とおっしゃっていました(^^)

それもそのはず!!
引き出しの有効寸法ひとつひとつ考えられ、これこそ唯一無二のキッチンとなりました。

いつもと違い杉材で仕上げたオリジナルキッチンは
本来の木の柔らかさと、杉の木目がある分いつもより男前な雰囲気に。

しかし背面の壁をはボーダータイルにすることで
女性らしい柔らかさも持たせてくれています。

飾り棚とお施主さま支給のクリップライトが相性バッチリ◎

またガスコンロは今人気の「プラスドゥ」。
本格派高火力で、鋳物製全面ゴトク、ダッチオーブン対応など本格派。
デザインもスタイリッシュでとにかくかっこいいのです。

食器洗い乾燥機はドイツ製のAEG(アーエーゲー)。
大容量でお鍋も洗えるので共働き家庭には時短アイテムとして大活躍間違いなしです◎

海外製の食洗器は大容量で見た目もかっこいいですが、もちろんいいお値段もします。
メンテナンスや買い替えを考えると躊躇される方もいらっしゃると思います。

容量や洗浄力は海外メーカーに劣るかもしれませんが、
日本のメーカーでも使い方次第でしっかりと家事の時短になります。
お値段も手ごろで、日本規格なのでメンテナンス性も買い替え時も容易です。

実際に自宅では標準的な日本メーカーの食洗機を使用していますが、
子供二人のフルタイム共働き家庭ですのでとっても助かっています。

今や欠かせない時短アイテムとなっています。

話が脱線してしまいましたが、
あるお客様がキッチンに立っているとき、
「ここの奥さま、この景色を見ながらキッチンに立ててとっても気持ち良いでしょうね(^^)」
とおっしゃっていたのがすごく印象的でした。

そうなんです!
キッチンに立つとリビングの先にある庭の植栽を一望できるのです。

リビングの先にあるデッキと風にそよぐ木々。
日常に非日常があるような、本当に気持ちの良いキッチンでした。

プレストでは窓の向こう側の景色をとても大切にしています。
人が自然に暮らすことに木々は欠かせません。

設計の段階で窓の先の植栽を考え、プランニングしています。

だからこそキッチンに立てば自然と目線の先には庭の木々を見渡せるようになっているのです。

インテリアの一部として・・こだわりの照明

今回はお施主様の支給品として、たくさんのこだわりの照明があります。

プレスト標準仕様の中にポイント使いとしてお気に入りの照明を取り入れることで
グッと雰囲気が変わります。

シンプルな家づくりをしているからこそ、こだわりの一品が映えます。

お気に入りの場所にお気に入りの照明で住まいを彩ってみるのも
家づくりの楽しみの一つです。

奥さま方に大人気!おしゃれな洗面台

キッチンに次いでとても好評だったのがプレストオリジナル洗面台。

一部タイル張り、出入り口の扉は木製ルーバー引戸で
大人かわいい雰囲気になっています。

オリジナル洗面台は少し広めに製作しているので、
お気に入りの椅子を置いてメイクするだけでなく、
脱衣洗面室向かいのサンデッキに干した洗濯物を畳んだり、
アイロンも掛けられる万能洗面台です。

また家族4人分のタオルや日常使いの服が十分に収納できる収納家具も設置しています。
(鏡に写っているのが収納家具です)

『洗う→干す→しまう』の家事導線をしっかりと確保しているから
無駄なく使える洗面台となっています。

みなさまありがとうございました

コロナウィルスの影響で一時は開催も危ぶまれましたが、
ご理解いただいたお施主様をはじめ、
ご来場いただいた皆さまにもご協力いただき無事に開催できました。

町中で家族4人が暮らす住まい、参考になったのではないでしょうか。

みなさま本当にありがとうございました。

間もなく完成引渡しとなります。

03月5日(木)

姫路市にて地鎮祭を執り行いました。

建替えの解体からスタートのお住まいです

少し間が空いてしまいましたが
2月の終わりに姫路市にて地鎮祭を執り行いました。

まだ解体の残骸が残っていますが、、、滞りなく開式されました(^^)

旗竿地の住宅地。
敷地条件を考え、2階リビング、そよ風ソーラー搭載のお住まいです。

あと少しお打合せがありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2階リビングという選択

2階リビングのメリット・デメリットはもちろんあります。

狭小地でも大きなLDKが実現したり、
採光やプライバシーを確保できたり、、といったメリットもあります。

一方で2階に水廻りを設けた場合少し費用がかかったり、
荷物の上げ下ろしが大変だったり、庭が確保できなかったり、
老後の心配、、、といったデメリットもあります。

土地探しからの場合、
それぞれご家庭の生活スタイルや何にこだわるかにもよりますが、
メリット・デメリットを考えたうえで
2階リビング案も含めて探してみると視野が広がって良いかもしれません(^^)

話がそれてしまいましたが、、
これから基礎工事へと進み、7月頃完成予定です。
完成が近づきましたらHPにてご案内したいと思います。

またこれから一棟、プレストの木の家がスタートです。

02月15日(土)

カメラマンによる住まいの撮影。

薪ストーブのあるそとん壁の木の家の撮影

先日完成お引渡しした住まいをいつもお願いしているカメラマンさんに撮影していただきました!

写真データが届くまでにブログを更新する予定が
先にデータが届いたので撮影していただいた写真もUPします。

やはりというか、もちろんなのですが、
同じようなアングルで撮っているのにプロが撮る写真は全然違います。

住まいの良さをしっかりと引き出してくれます。

たまたま撮影日が施主検査日と重なっていたので
お施主さまのご家族もモデルで入っていただきました!

ロケーションも大変よく、敷地条件を遺憾なく発揮した住まい。

シンプルながらこだわりのたくさん詰まったお住まい。
これから住まい手さまの色が加わり「プレストの木の家」から「住まい手さまの木の家」になっていくのが楽しみです。

 

庭暮らしを愉しむ平屋の木の家の撮影

昨年4月にお引渡しした平屋の木の家も撮影させていただきました!

タイトルの通り庭暮らしを愉しめるように設けたオリジナル木製FIX窓からは
お引渡しの日から少しずつ増えている庭の木々の成長を見渡すことができます。

新緑の季節にはサンデッキに椅子を置いてお庭の木々と背景の山を借景し、お茶をする。

ゆったりとした時間を過ごせる場所が住まいにある。
当たり前のようで本当はとても贅沢で特別な場所だと思います。

これから大きく成長する木々を待ちながら、庭暮らしを愉しんでいただきたいです。

今回も素敵な写真がたくさん撮影できたのも住まい手さまのご協力あってのことです。
ご協力いただいた住まい手さま方、本当にありがとうございました。

 

住まい手それぞれのプレストの木の家

昨今は造りこまれたデザインの住まいが多いですが、
住まいは完成して終わりではなく、日々暮らしていきながら住まい手さまの色を加え、
少しずつ自分たちの家が完成してくのだと思っています。

お引渡しした時点では「プレストの木の家」ですが、
日々暮らしていく中で「住まい手さまの木の家」になるのです。

1年点検や取材などでお伺いすると、
ベースは同じプレストの木の家なのに住まい手さまによって雰囲気はガラリと違います。

私たちがインテリアをするとどうしても「プレストの家」になりますが、
それぞれ好みのインテリアやカラー、生活スタイルでプレストの家はこんなに変わるんだ!
と毎回勉強になります。

そして意外にもどんなインテリアでも合っているから不思議です。

それがプレストのコンセプトである
「上質なシンプルを追求し、強くて美しいスタンダードな家」が最大限に生かされている証拠だと思います。

保城(ほうしろ)モデルハウスにお越しください

プレストには昨年完成した「保城(ほうしろ)モデルハウス」がございます。

分譲地内に建つモデルハウスは一般的なモデルハウスとは違い、
現実味のない大きな敷地や延床面積ではなく、
分譲地くらいの広さの土地に「家族4人が暮らす」を想定して設計しており、
住まいをご検討されている方の条件に近いサイズ感です。

また随所にプレストのこだわりを取り入れたモデルハウスとなっております。
まだご覧になっていないという方は、ぜひご予約のうえお越しくださいませ。

モデルハウスのご予約はこちら → モデルハウスご予約

1 2 3 4