スタッフBlog

家づくり・暮らしの情報をお届けします。

05月21日(金)

雑誌「はりまの家BOOK」の取材

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


今年は予想外に早い梅雨入りとなり毎日ジメジメと湿度の高い日が続いていますね。

爽やかな5月はどこへ行っちゃったんだろう…と思うほどです。

日々急激な気温や湿度の変化でみなさん体調を崩されぬようお気をつけください🌿

 

雑誌の取材

さてちょうど梅雨入り前の5月上旬

いつも掲載していただいている雑誌「はりまの家BOOK」の取材があり

昨年5月にお引き渡しをさせていただいた住まい手さまにご協力いただきました。

取材している様子を少しご紹介。

とにかくこだわり抜いた住まいはご夫婦の想いがたくさん詰まっていて

ベースはプレストの住まいですが

ポイントポイントでこだわった部分が全体的にスタイリッシュな雰囲気に仕上がっています。

写真でもお分かりかもしれませんが照明には特にこだわっていて

キッチンの優しい照明が雰囲気が良くて素敵ですね。

ご主人の趣味である車の整備ができるインナーガレージもあったり

いつもと少し違うこだわりのプレストの木の家…

たくさんご紹介したいところですが

続きは6月に発売される「はりまの家BOOK」をお楽しみに♪

 

暮らしの見学会を開催します

こだわって素敵な住まいとなったプレストの家…

ぜひたくさんの方に見ていただきたいという思いから

住まい手さまにご協力いただいて「暮らしの見学会」を開催することになりました。

暮らしの見学会とは

実際に住われているOBさまのお宅を訪問し

暮らしている様子や経年変化をご覧いただいたり

実際に暮らしてみたメリットデメリットを直接尋ねることができる貴重な見学会です。

完全予約制でご予約数も限りがありますので

詳細をご確認のうえ下記よりご予約ください。

▶︎築1年のプレスト木の家、暮らしの見学会

みなさまのご予約お待ちしております。

05月14日(金)

築25年の木製バルコニーの改修

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


細々と続けているブログですが、
ありがたいことに建築中や営業中のお客さまだけでなく
OBさまも見て下さっていると耳にすることが増えました。

住まわれてから何年経ってもプレストを気にかけてくださっていることに、家づくりは建てたら終わりではなく始まり。

繋がりを再確認できたようで、とても嬉しく感謝しています。ありがとうございます。

なかなか上達しない拙いブログですが、引き続きご愛読頂けると嬉しいです。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

木製バルコニーの改修

さて、今回はプレストのメンテナンスについて。

築25年経過したOBさまより木製バルコニーのやり替えと屋根の塗装のご依頼を受けました。

当時施工したのはガラスの屋根がついた木製バルコニー。
木部が腐食し、ガラス屋根も汚れていたので大工さんが解体しやり替えをしました。

初めて見るガラス屋根のバルコニーですが、屋根から日差しが差し込み洗濯物がよく乾きそうです。

プレストの木の家はこのようにメンテナンスをしながら「住み、継ぐ、家」となっていくのです。

屋根の塗装

バルコニーの改修とともに屋根の塗装しました。

塗装は新築時にも請け負っていただいている塗装屋さんが施工しています。

(施工前)

(塗装後)

施工から25年経つと傷みや汚れがあるので、しっかり洗浄してから塗装をします。

屋根はどうしても紫外線や雨、コケやカビの影響を受けやすいので定期的に塗り替えることで長持ちします。

屋根だけでなく家全体に言えることですが、定期的にメンテナンスをすることで最小限の修繕で済むこともあります。

気になることがありましたらお気軽にご相談ください(^^)

05月12日(水)

福崎町「プレストの木の家リノベーション」完成見学会

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


これまでの記事はこちら

▶︎プレストのリノベーション①

▶︎プレストのリノベーション②

▶︎プレストのリノベーション③

▶︎プレストのリノベーション④

▶︎プレストのリノベーション⑤

▶︎プレストのリノベーション⑥

▶︎プレストのリノベーション⑦

5月初旬、福崎町で「プレストの木の家リノベーション」の完成見学会を開催しました。

築35年になる住まいの1階全面改修と基礎・断熱改修を行なった大規模リノベーションです。

快適になったプレストの木の家リノベーションをご紹介したいと思います。

プレストの木の家リノベーション

広々とした27.5帖のLDK。
元々廊下だった部分と田の字の和室4室のうち2室を取り込んでLDKへ。

天井は杉板貼り、照明はダウンライトでスッキリとした印象です。

そしてリビングの南側の窓からは元々あった庭木が見渡せ、
インナーデッキへと繋がっています。

キッチンはシステムキッチンへ一新。
バックカウンターと食器棚はプレストオリジナルの造作家具で造り付けました。

こちらは既存の大切な柱をそのまま利用しています。
新旧混在しているのもリノベーションの良いところです。

そしてこちらは娘さんとお母さまのお部屋。

2帖のクロゼットは閉鎖的な空間にならないようにあえて上部は開けています。
ここにも既存の柱を活かしています。

元々縁側で室内だったのをインナーデッキへ改修。

おかげでとても深い軒が取れ、洗濯物も安心して干せます。

お子さまのお友達もデッキに集まって遊ぶ様子が目に浮かびます(^^)♪

 

そしてインナーデッキの奥は和室。

ご主人の寝室でもある和室から覗く庭がとても風情があり素敵でした。

窓を開けると風通しがとても良く、
爽やかな風が本畳の香りを一層引き立て、ゴロンと寝転ぶと目線の先には落ち着く緑豊かな庭。

室内は新しくなったけれど、ふと外に目をやれば変わらぬ庭が昔の住まいを懐かしく思い出させてくれるような、この和室が最高に心地よい、そんな場所のような気がします。

玄関もユダ木工という木製ドアに交換。
FIX窓も追加して明るい玄関になりました。

外壁も焼杉部分を新しい焼杉に貼り替え。
杉板貼りの外壁は改修時に貼り替えやすいのがメリットの一つです。

他にもユニットバスやオリジナル洗面台に一新し、
改修した1階はプレストの新築と変わらぬ雰囲気になりました。

表面的なデザインや設備を一新するだけでなく断熱改修もしたことで改修前より暖かい住まいになっています。

ひと通りご紹介しましたが、プレストの木の家リノベーションはいかがだったでしょうか。

新築はもちろんですがリフォームやリノベーションをお考えの方もぜひお気軽にご相談ください。

ZOOMでの見学

昨年コロナがで始めた頃からオンライン見学会は開催していましたが、
今回ようやくオンライン見学の様子を撮影することができました!

実際にご来場いただいた時のように外観から説明をしながら室内へとご案内します。

時にはこのような感じで寸法を実測して、設計中の住まいと比較検討をしていただいたりご来場時と変わらぬ感じでお伝えしています。

デメリットは木の香りや質感などが体感いただけないことですが、
プレストの木の家の雰囲気などは十分確認いただけているようです(^^)

設計のお打ち合わせや見学会など、ご来場が難しい際はぜひお気軽にご相談ください。

施主検査

見学会を無事に終え、お施主さまにお越しいただいて施主検査を行いました。

傷や施工不良、仕様の相違などがないかをご確認いただき、約一週間の手直し期間を経てお引き渡しとなります。

物干しの取り付け位置や高さなどの確認も同時に行い、
お引き渡し前の手直し期間中に取り付けとなります。

うれしい貴重なお話

施主検査中お話をされている中で
ご夫婦以上にお子さまが新居をとても楽しみしてくださっていると教えてくださいました。

お引っ越しまでのカウントダウンを作ったり、学校の作文で書いてくださったりしているそうで、とても心温まる嬉しいお話を聞けました。

そして先日メールで送ってくださった一枚。

一緒に暮らす猫ちゃんのお部屋を娘さんが作ったそうで、
段ボールの内側には断熱材代わりのトイレシートをしっかり仕込んでいますと(^^)

工事の最初の段階に施工する断熱材を覚えていてくれたことにも感動ですが、
猫ちゃんのお部屋にも入れてあげるなんて心優しい娘さんにほっこりしました。

娘さんも猫ちゃんも新しいお家でぬくぬくと楽しく過ごしてくれるといいな♪

最後になりましたが
場所を提供いただいたお施主さまをはじめ、感染対策にご協力いただきご来場くださった皆さまありがとうございました。

リフォームやリノベーションをお考えの方にとても参考になる見学会になったと思います。

間もなくお引き渡し…

少し寂しい気持ちになりますが、これからご家族みなさんで暮しを楽しんでいただければと思います。

04月30日(金)

建築中のお客さまの家具探しへ…

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


建築中のお客さまから椅子のご相談があり、丸忠家具さんへ行ってきました。

若緑の竹林を背景に姫新線が走る様子が一望できる、大きなfix窓が印象的です。

こだわりの家具に囲まれたカフェスペースもあり、楽しい仕掛けがたくさんのショールーム。

作り手さんのことや、家具についての想いなど、直接社長さんからお話を伺い、ひとつひとつ手触りや座り心地を確認していきます。

設計者は図面が頭に入っているので、椅子の寸法や立ち座りの際のスムーズさ、後ろを通る場合の通路幅など、細やかに家具の検討ができるというメリットがあります。

プレストのお家に似合う家具のコーディネートも、ぜひお気軽にご相談ください♪

04月28日(水)

プレストのリノベーション⑦

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


これまでの記事はこちら

▶︎プレストのリノベーション①

▶︎プレストのリノベーション②

▶︎プレストのリノベーション③

▶︎プレストのリノベーション④

▶︎プレストのリノベーション⑤

▶︎プレストのリノベーション⑥

蜜ロウワックス掛け

いよいよ今週末に完成見学会を迎え、完成お引き渡しまで間近に迫ってきました。

プレストでは全ての工事が終わり、洗い屋さんによる清掃が終わると、
無垢のフローリングに「蜜ロウワックス」をスタッフでかけています。

マーガリンのような蜜ロウワックスをスポンジに適量取り直接床に塗っていきます。

このような感じでムラにならないように薄くまんべんなく塗り込み、塗り過ぎたところはウエスでしっかり拭き取ります。

ひたすらこれの繰り返しなのでLDKだけで27.5帖あるこの広さを2人で塗ろうと思うと心が折れそうになります。

なので今回は久々にスタッフ総動員です。

普段事務所で仕事をしているスタッフも参加しているのでかなり珍しい光景ですが、
プレストではこんな風にスタッフ全員で家づくりをしています。

「少数精鋭」

それがプレストの魅力です!と胸を張ってお客さまに言いたいところですが、個人的にはまだまだ未熟者ですので日々精進したいと思っています。

蜜ロウワックスは簡単に塗れます

蜜ロウワックスは塗料のように乾かすのに時間を要さないので、
特に水回りなどのワックスが落ちやすい場所で撥水が悪くなったときは塗り直しをするとフローリングの持ちも良くなります。

蜜ロウワックスは楽天などでも購入できますし、
必要なものは洗車用のスポンジとウエス、ビニール手袋に養生テープとホームセンターなどで揃うものばかりです。

プレスト造り付けの家具(シナ素材)は塗装済みなので蜜ろうワックスがつかないように養生テープを貼ります。(オリジナルキッチンやオリジナル洗面台など…)

また、樹脂サッシ枠につくと取れにくいのでそちらも養生をしておくと安心です。

女性やお子さまでも簡単にできるので、この自粛中にご家族のみなさんで塗り直してみるのもいいですね♪

メーカーさんのサイトでも塗り方の動画などもありますので、ぜひ参考にご覧になってください。

その他不明な点がありましたらいつでもご連絡ください。

▶︎未晒し蜜ロウワックス

 

そして5月1日(土)、完成見学会は残り1組です。

なかなか見ることのできないプレストのリノベーションの家。

ぜひご覧いただきたいと思います。

▼ご予約はこちらから▼

福崎町「プレストのリノベーションの家」完成見学会

04月23日(金)

たつの市・雨の地鎮祭

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


雨の地鎮祭

先週末、たつの市にて地鎮祭を執り行いました。

足元の悪いなかご家族みなさんで参列してくださいました。

雨が降っていても地鎮祭はするの?と思われますが、
よほどのことがない限り土砂降りでも地鎮祭は執り行います。

テント内とはいえ四隅を清める際はテントの外へ出ますので、
雨の際は足元に注意して参列してくださいね。

話が逸れてしまいましたが、
ご家族のみなさんで安全祈願をし、雨降って地固まる。

秋口の完成へ向けて約42坪の分譲地に建つたつの市の住まいがスタートです。

地鎮祭後の地盤調査

地鎮祭を終えるとまず地盤調査を行います。

なぜ地盤調査が必要かというと、
地盤が軟弱だと建物の下の地面に荷重がかかり続けることで家が傾き、ドアや窓の開閉がしづらくなり、じわじわと沈下していきます。

また、すでに建物が建っていると地盤改良をするのも難しく、かなりの費用がかかってしまいます。

このようなことにならないように建築前に地盤調査を行い、不同沈下の危険性が認められた場合は適切な地盤改良を行ったうえで建築へと進みます。

せっかく耐震性の高い家づくりをしても
地震などの災害があるたびに不安な思いをしながら暮らす…ということにならいためにも法律で義務付けられている地盤調査を行うのです。

地盤調査を終え、問題なければ次は基礎工事へと進んでいきます。

こちらもまた進捗状況をブログに更新していきますので、ぜひチェックしてみてください♪

 

04月16日(金)

丹波市・大工工事

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


片流れの大きな屋根

上棟から2週間…
屋根に通気桟が取り付けられていました。

近くで見ると、片流れの屋根は大きくて圧巻です!

片流れ屋根はそよ風ソーラーや太陽光発電をつける場合、集熱面が大きく取れるので有効です。
また、ロフトを取りやすいのもメリットのひとつです。

こちらは駐車場側。車2台分なのでこちらもやはり大きな屋根になっています。

玄関ドア

玄関ドアの取り付けも完了しています。

プレスト標準仕様の木製断熱玄関ドア。

今は無塗装の状態なので塗装工事の際に玄関ドアも一緒に塗装していきます。

これからサッシの取り付けや内部の大工工事へと進んでいくので、引き続き進捗状況を更新していきたいと思います。

また、来月5月1日(土)・福崎町にて「プレストのリノベーションの家」完成見学会を開催いたします。

ご予約いただける枠が少なくなっていますので、ご予約状況をご確認のうえご予約ください。

▼ご予約はこちらから▼

福崎町「プレストのリノベーションの家」完成見学会

04月14日(水)

プレストのリノベーション⑥

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


間もなく高砂市の現場が完成となりますが、プレストのリノベーションも順調に進んでいます。

これまでの記事はこちら

▶︎プレストのリノベーション①

▶︎プレストのリノベーション②

▶︎プレストのリノベーション③

▶︎プレストのリノベーション④

▶︎プレストのリノベーション⑤

キッチン工事

プレストのリノベーション工事も終盤。
内部仕上げ工事が進んでいます。

キッチンはシステムキッチンを採用。

システムキッチンのメリットは何といっても機能性がバツグンに良いこと。
収納も充実していますし、お掃除もしやすいので扱いやすいです。

引き出しのパネルや天板の種類もたくさんあり、選ぶ楽しみもありますね。

オリジナルキッチンと比べてしまうと、
システムキッチンにすることで空間に違和感があるかな?と思われがちですが、
カウンターをつけたり、バックカウンターを造りつければ、
システムキッチンでも空間に馴染んでくれます。

キッチンは毎日使い、共働きが増えていることも考えれば、
使い勝手や取り扱いのしやすさも大切だと思いますので、
じっくりご検討いただきたいポイントです。

明るい玄関

玄関土間は既存土間を利用し、玄関ドアを取り替え明かり取りのFIX窓を追加。

柔らかい日差しが玄関に差し込み、明るい玄関になっています。

下駄箱も造作家具で造りつけ、室内で受け取れるポストもつけています。

随所にプレストらしさが出ていて、完成が待ち遠しいです♪

そして5月1日(土)、完成見学会開催が決定しました!

今回も完全予約制ですので、ご予約はお早めにお願いいたします。

なかなか見ることのできないプレストのリノベーションの家。

ぜひご覧いただきたいと思います。

▼ご予約はこちらから▼

福崎町「プレストのリノベーションの家」完成見学会

04月6日(火)

丹波市にて上棟しました

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


晴れの上棟

桜も散り始めた大安の日、丹波市氷上町にて上棟しました。

建物一体型ガレージ(2台分)があり、三角形の敷地の特性を活かした横に長く、大きな間口がお客様をドンと迎えてくれるような重厚感のある住まい。

曇り予報でお天気が少し心配でしたが、綺麗な青空も垣間見れ、無事上棟となりました。

上棟式

ご家族みなさんで参列された上棟式。

お施主さまであるご主人より労いと安全祈願の挨拶をいただき、
大工さんとご主人で住まいの四隅を清め、無事に上棟式を終えました。

今は上棟式をされない場合も多いですが、大工さんにとって無事に棟を上げ、上棟式をもって無事に一棟上げ終えたという儀式はとても大切なことなんじゃないかなと思います。

お施主さまもご準備など大変な部分もありますが、多くの方が一生に一度のことです。

これから自分たちが住まう家をこうやってたくさんの大工さんたちが一本一本組み上げてくれている姿を見たら、
また一味も二味も違う思い出深い住まいづくりになるのではないでしょうか。

また一棟プレストの住まいづくりが始まりました。

これから夏頃完成に向けて工事が進んでいきます。
随時ブログで進捗状況をお伝えしていきたいと思います。

ぜひ楽しみにしていてください。

また、今週末4月10日(土)・保城モデルハウスにて「素材教室」を開催いたします。

完全予約制につき下記よりご予約ください。

▼ご予約はこちらから▼

「素材選び教室」

04月2日(金)

高砂市「回遊できる家事動線、ランドリールームのあるそとん壁の家」完成見学会を開催しました。

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


先週末、高砂市にて完成見学会を開催しました。

2日目は生憎の雨模様でしたが、1日目はとても良いお天気。

見学に来られた小さなお子さまたちも足触りの良い吉野杉のフローリングの上で靴下を脱ぎ思いっきり楽しんでいました。気持ちよさが伝わる一枚ですね(^ ^)

 

「回遊できる家事動線、ランドリールームのあるそとん壁の家」を少しご紹介したいと思います。

ぐるりと回遊できる間取りとランドリールーム

今回大好評だったのが、ぐるりと回遊できる間取りです。

リビング→キッチン→ランドリールーム→洗面室→スタディーコーナー→リビングと回遊できます。

約3帖のランドリールームで洗って、干して、乾いたらハンガーに掛けたままにして「しまう」を省略した家事時短スタイル。

奥さま方に大変好評でした!
やはりどれだけ家事負担を軽減するかをとても重要視される方が多いなと感じました。

フルタイムで働く身としてもやはりひと工程減らせるのはとても理想的です。

間取りの工夫や家事負担を軽減できる家電などをフル活用して自分の時間をつくることができれば、
より豊かな暮らしが待っているような気がします。

そして脱衣室に洗濯機がない場合のひと工夫。

こちらは脱衣室の写真です。さてこの穴はなんでしょうか?(^ ^)

正解はこれから洗う洗濯物を入れられるように
扉のなかにカゴを置いて、穴から洗濯する物をポイっと入れるだけ!

そして扉を引き出してカゴごとランドリールームの洗濯機へ持っていき洗濯するシステム。

見た目もスッキリとしていて、中に洗濯物があるなんて思いませんよね。

これも「造作家具」のひとつです。
こういったちょっとした家具もご希望のサイズや用途に合わせて造りつけることができます。

リビング横にちょっとしたスペース

リビング横には約4.2帖のスタディーコーナーを設けています。

小学生のお子さま2人が勉強できるようにデスクと本棚を設置。
背面にはピアノのを置く予定だそうです。

そしてここにもひと工夫。

柔らかく視線を切れるようにデスク横には木格子を取り付けています。
リビングとひと続きのスペースを設けるときはこういった工夫がとても効果的です。

キッチンに立つお母さんからも子供たちの様子をそっと見守れる位置なのがポイントです。

造作でデスクを設けるメリットはダイニングが子供たちに占領されずいつもキレイな状態を保てること。

そして在宅ワークでも使用でき、成長とともに必要なくなるのではなく使い方が変わる、そういったところも考えながら設計しています。

オリジナルアイランドキッチン

キッチンは2階が乗っていない飛び出した独立プラン。
(キッチンの部分は平屋になっています)

東と南に掃き出し窓を設け、明るくて風通しも良く、お庭の景色も一望でき、キッチンに立つととってもいい景色。この住まいで一番いい場所かもしれません。

これから森のように木々が茂ってくればもっと気持ちの良い景色になること間違いなしです。

また収納もたっぷり設けています。

こちらもプレストオリジナルなので引き出しの大きさなども自由に変更可能です。

造作家具

こちらのお住まいは造作家具が多めですが、今回とても好評だったのが2階のフリースペースのカウンターの本棚です。

一つの本棚のように見えますが、2つの本棚の背面同士を合わせて置いているだけの置き家具。

将来間仕切って個室にしても移動できるので安心です。

そして「わざわ座」のハンガーラックも製作しています。

こちらも置き家具なので各個室へ移動も可能です。

王道の人気!そとん壁

老若男女問わず人気なのがそとん壁・かき落とし仕上げのベージュ。

飽きの来ない落ち着いた色味が年齢を重ねても違和感なく暮らせるというのが人気の秘訣でしょうか。

木部はお好みの色で塗装するので色味によって、同じ外壁でもイメージが異なります。

そして庭の木々が外観にも室内から見る景色にも彩りを与えてくれています。

プレストではこの完成形をイメージして設計しているので、「なんかいい家ね」と思っていただける住まいが完成するのです。

雨音を感じる

見学会2日目は春の嵐で暴風雨。
悪天候で個人的にはとても残念だな…と思っていたのですが、思いがけず貴重な意見を伺うことができました。

それはプレストが標準としているガルバリウム鋼板の屋根のこと。

メリットは耐久性が高く、また軽量なので地震に強いとういうこと。

デメリットはプレストは天井梁現しなので、天井を貼っている住宅より雨音を感じやすいことです。

当日は地面を打ち付けるような豪雨だったので、
ガルバリウムの屋根にした場合の雨音を実際に体感していただくことができました。

そして皆さん一様におっしゃったのが「思った程の音ではない」ということ。

近年では記録的大雨だったり、異常気象が全国各地で発生しています。

防音性の高い住まいで雨音を感じづらいと、こういった緊急事態に気付かず身を危険に晒すかもしれません。

そういった意味でも少しは外の状況がわかるくらいの「音」は必要かもしれないなと個人的には思います。

もちろん音の感じ方には個人差がありますので、やはり雨音が気になる場合はきちんと対策できますのでご安心ください。

他にも雨の日の室内の感じも見ていただけたり、結果的にとてもよい見学会になりました。

今回もたくさんの方々にプレストの住まいをご覧いただけて嬉しい限りです。

2日間大切なお住まいを貸してくださったお施主さま、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

1 2 3 4 5 6 9