スタッフBlog

家づくり・暮らしの情報をお届けします。

03月25日(木)

プレストのリノベーション⑤

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


間もなく高砂市の現場が完成となりますが、プレストのリノベーションも順調に進んでいます。

これまでの記事はこちら

▶︎プレストのリノベーション①

▶︎プレストのリノベーション②

▶︎プレストのリノベーション③

▶︎プレストのリノベーション④

壁、天井の工事

前回までに間柱と横胴縁を施工したところまでお伝えしました。

次は壁を起こすためにボードを貼っています。

天井は杉板貼りに施工しています。

節なしの杉板貼りの天井はいつ見てもキレイです。

いつもの天井梁現しより天井高が低くなり、より落ち着いた雰囲気になります。

また、天井を貼ることでダウンライトが使用できるので、さらにスッキリとした印象です。

そして杉板の長手方向に奥深く感じるので、室内を広々と見せてくれる効果があります。

落ち着いた雰囲気が好きな方にはオススメです♪

少し分かりづらいですが、このドアの向こうにユニットバスも入っています。

古い家だとやはりお風呂が寒いとおしゃる方が多いです。

お風呂を改修する際はしっかり断熱をしてキレイで暖かいお風呂にすることが大切ですね。

木製戸袋

戸袋とは戸を開けたときに戸を複数枚収納する場所のことです。

昔は戸袋がある家がたくさんありましたが、今はシャッター雨戸になっていたり、そもそも雨戸がなかったり、戸袋がついている住宅がどんどん減っています。

プレストでは引き込みサッシや雨戸をつけるときに木製戸袋を製作しています。

戸袋をつけるメリットは、引き込んだサッシや雨戸が室内外から見えないので、意匠的にとてもキレイですし、外観のアクセントになります。

デメリットとしてはやはり木製なので経年変化によりやり替えが必要となる可能性があることでしょうか。

たかが戸袋かもしれませんが、やはりあると趣があっていいですね。

リノベーション工事も完成に向けて後半戦へ突入です。

また、4月に入れば新たなお知らせができると思いますのでお楽しみに♪

03月16日(火)

高砂市・そとん壁と仕上げ工事

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


そとん壁

今月末に完成を迎える高砂市の住まい。いよいよ工事も終盤となっています。

そとん壁の工事も無事に終わり、足場が取れてようやく全景が見えました。

ベージュのかき落とし仕上げは落ち着いていて、けれど存在感のある外観。

これから庭木が植えられるとまたひと際目立つ住まいとなります。

プレストの強みでもある外構工事も含めた設計をしているので、

完成見学会の際には外構も出来上がった状態でご覧いただくことができるのです。

見学会を開催する物件だけでなく、ほぼ例外なく全ての物件で外構工事も終わらせてお引き渡しとなります。

内部塗壁工事

内部の塗壁工事も先日終えています。

乾くまではグレーっぽい色味をしていますが、しっかり乾くと柔らかい白色になります。

プレストでは安全な素材を使うというコンセプトから塗壁にすることが多いですが、
住まう人にとってそれが快適かどうかが大切なので、
絶対に塗壁じゃないとダメ!というわけでなく、用途に合わせてクロス貼りもしています。

主にリビングやキッチン、玄関や和室などの来客が使用するような場所は塗壁に、
ご家族だけが使用する寝室や子供室、使い勝手を考慮した脱衣室やトイレなどはクロス貼りといった使い分けをしています。

もちろん全室塗壁にすることもできます。

ではプレストで使用している湯布珪藻土について書いてみたいと思います。

湯布珪藻土

みなさんは塗壁というと漆喰や珪藻土をイメージされる方が多いでしょうか?

漆喰は消石灰(水酸化カルシウム)を主成分に骨材、麻、海藻海苔などをまぜて練り上げて使用します。
古来より寺社仏閣などで用いられてきた建築素材です。

珪藻土は藻類の一種である珪藻の殻(二酸化ケイ素)を主成分とし、塗材として使用するために石灰やアクリル系接着剤をまぜて使用します。

一方、プレストで使用している「湯布珪藻土」は大分県産と北海道産の珪藻土を主成分とし、自然素材のセルロースファイバーと食品のりをまぜて使用しているので、100%自然素材の安心できる珪藻土になります。

一般的な珪藻土との大きな違いは、結合材に自然素材を使用しているか否か、ということです。

そして、塗壁は補修できないとされているのに対し、この湯布珪藻土は自分たちで補修できるという、塗壁に対する不安要素を払拭した珪藻土なのです。

詳しくは湯布珪藻土のHPをご覧ください。

▶︎湯布珪藻土

建具工事

内部の建具も取り付け完了しています。

造作家具の本体は大工さん、その扉は建具屋さんが製作し取り付け、造作キッチンは家具職人さんが製作しています。

今週中にはスタッフでフローリングの蜜ろうワックスをかけ、いよいよ完成に向けラストスパートです!

これまでの高砂市の記事もご覧になれます。

▶︎高砂市・地鎮祭と基礎工事。

▶︎高砂市・大工工事とそとん壁の準備

 

▼完成見学会のご予約はこちら▼

高砂市「回遊できる家事動線、ランドリールームのあるそとん壁の家」完成見学会

03月12日(金)

明石市にて地鎮祭を執り行いました

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


地鎮祭

次の現場である明石市の住まいは、建築地から1分もかからず海へ行ける海岸沿い。

これまでプレストが建築した中で一番海に近い現場ではないでしょうか。

そんな潮風を感じられる場所で建築するのは、旗竿地に建つ屋根付きガレージのある平屋の家。

先日、大安の日に地鎮祭を執り行いました。

ご家族のみなさんと工事の安全を祈願し、無事に地鎮祭を終えました。

プレストでも年に1棟あるかないかというくらい平屋のお家は少なく、実はとても楽しみにしている住まいのひとつ。

これから工事の進捗をブログに書いていきますので、ぜひプレストの平屋づくりをお楽しみください。

明石市「旗竿地に建つ、屋根付きガレージのある平屋の家」、まもなく着工です。

姫路市以外の建築

姫路市に事務所があるプレストですが、ここ数年は明石市や稲美町など東の現場が増えています。

西は赤穂市、東は神戸市西区近辺、一番北は先日着工した丹波市や上郡町なども建築可能です。

打ち合わせについては、お住まいが遠方の方はZOOMなどのオンラインを利用しています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

▶︎お問い合わせはこちら

また、3/27(土)28(日)開催の高砂市の完成見学会のご予約受付中です。

残り枠がわずかとなっていますので、イベントページより空き状況をご確認のうえご予約をお願いいたします。

▼ご予約はこちら▼

高砂市「回遊できる家事動線、ランドリールームのあるそとん壁の家」完成見学会

03月10日(水)

プレストのリノベーション④

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


福崎町のプレストのリノベーション、着々と工事は進んでいます。

これまでの記事はこちら

▶︎プレストのリノベーション①

▶︎プレストのリノベーション②

▶︎プレストのリノベーション③

外壁のやり替え

しばらく悩まれていた外壁の種類。焼杉の外壁で決定し施工しています。

焼杉といってもいくつか種類があり、今回はその中でも「焼杉・塗装ブラック」という炭の層をブラッシングして取り除いたものに塗装を施した焼杉です。

この地域でよく見かける見た感じから表面が炭だとわかる素焼とは違い、

今回施工した塗装ブラックは、上の写真を見ていただくとわかる通りマットな仕上がりです。

遠くから見た感じは保護塗料で塗装した杉板貼りと見分けがつきにくいですが、

近くで見ると下の写真のように塗装はしてありますが炭っぽい感じで焼杉と分かります。

昔からある焼杉の外壁。どのようなメリット・デメリットがあるか書いてみようと思います。

 

焼杉のメリット

①防虫・防腐効果がある

→これは杉板を焼くことで炭化作用が起こり、防虫・防腐効果があるとされています。

沿岸部で焼杉の外壁の家が多くみられるのは、防腐効果があるためかもしれません。

②木材特有の調湿効果

→湿度が高くなると焼杉板が湿気を吸収してくれるので結露を減らしてくれます。

③サイディングに比べ重量が軽いので躯体への負荷が少ない

④熱伝導率が低く断熱効果が高いので、夏場に触れても熱くなりにくい

⑤上塗りや張り替えが簡単でメンテナンスがしやすい

→自然素材の家はメンテナンスが不可欠。メンテナンスのしやすさは費用にも影響するので大切です。

⑥コストを抑えられる

→プレストでお馴染みのそとん壁の塗壁に比べ、初期費用を抑えられます。

焼杉のデメリット

①手や洋服が焼杉に触れると炭がついて黒くなる

→住まわれる方にとってこれが一番気になるかもしれません。しかし、初めの頃は物珍しく触るかもしれませんが、慣れれば案外触らないものです。また、施行中は大工さんも真っ黒になります^^;

②自然素材のため木目や節、色のバラつきがある

→これは焼杉だけでなく杉板貼りの外壁でも同じことがいえます。

③割れや変形することがある

→無垢の素材は気温や湿度で伸縮したり、直射日光で割れたりする場合があります。

④燃える素材なので使用できる地域が限定される

⑤経年変化をする

→立地条件によって異なりますが、直射日光や雨風、寒暖により風化していきます。

プレストの焼杉の外壁

焼杉は和風の家の外壁に使われていると思っている方が多いのではないでしょうか。

しかしプレストで施工するとまた違った雰囲気になります。

▼素焼の横貼り(鎧張り)

縦貼りの素焼きとは違い、落ち着いた雰囲気でかっこいいですね。

こちらは今回と同じ種類の焼杉です。

▼焼杉・塗装ブラックの縦貼り

マットな感じが杉板貼りの雰囲気に近く、すっきりとしたスタイリッシュなイメージです。

焼杉の和のイメージが少し変わりませんか?^ ^

焼杉の外壁に限らず、どの外壁もメリット・デメリットがあります。

それぞれのメリット・デメリットを考え、自分たちの好みの外壁を見つけてみてください。

また、先日HPにもアップした、3/27(土)28(日)の高砂市の完成見学会。

あっという間に残り枠がわずかとなっています。

満席となり次第受付終了となりますので、ご予約はお早めに…

▼ご予約はこちらから▼

高砂市「回遊できる家事動線、ランドリールームのあるそとん壁の家」完成見学会

 

03月5日(金)

丹波市にて家づくりがスタートしました

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら


先日スタートした現場は、姫路から1時間弱ほどの距離にある丹波市氷上町。

丹波といえば枝豆や丹波栗など美味しい物がたくさんあるイメージですが、

紅葉が綺麗な高源寺も有名です。

そんな自然も食べ物も豊かな丹波市でプレストの家づくりがスタートしました。

三角形の敷地

ご覧のとおり三角形の変形地と呼ばる敷地。

多くの方は四角形の土地を希望されますが、プレストでは変形地や狭小地も対応しています。

もちろん変形地や狭小地の設計は簡単ではありませんが、

土地の費用を抑えられる場合もあり、

その分建物に費用を掛けることができるので決して悪い条件ばかりではありません。

そうは言っても土地によってはご希望のプランが難しいこともあります。

このような場合、土地をご購入前に相談いただければ実際に現地を見に行くこともできますので、

ぜひお気軽にご相談ください。

と、話が逸れてしまいましたが、

三角定規のような可愛い土地に建築する住まいは、将来平屋(1階だけ)で暮らせるように設計しています。

そして憧れる方も多い建物一体型ガレージのある住まいです。

地鎮祭

少し前になりますが、すでに地鎮祭も終えています。

とても寒い時期でしたが地元の神社さんに来ていただき、お施主さまご家族と工事の安全をお願いしました。

ちなみに地鎮祭の神社さんはご指定がなければプレストでいつもお願いしている『廣峯神社』さんになりますが、

お願いしたい神社さんがある場合は、お施主さまの方でご予約をお取りいただいています。

基礎工事

地鎮祭で土地を鎮めたあとは基礎工事へと進みます。

バラスを敷いて、型枠を置き、配筋を入れ、コンクリートを流し込む準備をしています。

これから4月初旬の上棟に向けて工事が進んでいきます。

引き続き工事の進捗を更新していきたいと思いますので、ぜひブログをチェックしてみてくださいね。

 

そして明日は明石市にて地鎮祭です。

これからまた新しい現場がいくつか始ります。

随時ブログでもご紹介しますので楽しみにしていてください♪

 

また、3月27日(土)28日(日)は高砂市にて完成見学会を開催いたします。

今回もコロナウィルス感染予防のため完全予約制・先着順となります。

すでにご予約が入っている枠もありますので、

お忙しい時期ではありますが気になる方はお早めのご予約がオススメです!

予約状況については随時HPのイベントページに更新していきます。

ご確認のうえご予約ください。

▼見学会ご予約はこちらから▼

高砂市「回遊できる家事動線、ランドリールームのあるそとん壁の家」完成見学会

02月24日(水)

プレストの家づくり

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら

 


プレストの家づくりの流れ

みなさんは家づくりを考え始めたとき、楽しみな反面、初めての家づくりに不安もたくさんあると思います。

そこでプレストの家づくりをする場合、どのような流れになるか詳しく書いてみたいと思います。

プレストではまず資料請求やモデルハウスの見学、完成見学会やOB見学会でプレストの住まいを知っていただいております。

実際に足を運んでいただき、果たして自分たちが求める住まいなのかを見極める必要があるからです。

特に木の家は経年変化もします。そのあたりも含めてご自身の目でご確認いただきたいのです。

そしてプレストの住まいを気に入ってくださり、候補の土地やすでにお持ちであればプランをお受けしています。

なお土地をお探し中の方はプレストでもお手伝い出来ますので、その際はお気軽にご相談ください。

プラン依頼後の流れ

プランのご依頼後は土地の現地調査・ヒアリングをします。

現地調査では太陽の光や風の通り方を確認し、その土地に合った建物配置を考えます。

例えば、平屋がいい、リビングを広く取りたい、薪ストーブを入れたい、屋根付きガレージが欲しい…など大きなテーマを事前にまとめておくといいですね。

そして敷地条件・お客さまのご要望を踏まえプランをし、完成したらプラン・お見積・ホワイト模型でプレゼンをします。

ホワイト模型はお客さまにわかりやすくご説明するためにスタッフが製作しています。

図面で見るよりイメージしやすいと好評で、
嬉しいことに完成後ご自宅に飾ってくださる住まい手さまもいらっしゃいます。

ひと通りご説明させていただいたあと、
ご家族で検討されプレストで家づくりをしよう!と決めていただいたら正式な設計依頼をいただきます。

そのプランをもとに詳細なご要望をお打ち合わせをし、図面を完成していきます。

もちろんご要望により全く別プランになることもありますので、
そのあたりはしっかりとお打ち合わせを重ね、より良い家づくりにしていきますのでご安心ください。

プランをするメリット

ほとんどの方が一生に一度の家づくりだと思います。

自分たちが建てたい場所で要望を取り入れたプランがあれば、思い描く生活スタイルがプレストの住まいとマッチしているか、予算内におさまっているかを知ることができ、方向性も自ずと見えてくると思います。

大きな買い物をするのですから、それらは非常に大事なことです。

プランは候補の土地がなければできませんが、購入前の気になる土地があれば現地確認もさせていただいております。どんな些細なことでもご相談くださればと思います。

また来月3月下旬に高砂市にて「家族4人が暮らすそとん壁の家」の完成見学会を予定しています。

実際に暮される住まいですので、みなさまの暮らしにより近い見学会です。

お忙しい時期ではありますが、ぜひご来場くださればと思います。

詳細は後日HP にアップしますので今しばらくお待ちください。

02月19日(金)

プレストのリノベーション工事③

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら

 


壁や外壁の下地準備

前回のブログで断熱材を入れ、
フローリングが貼れるようにステージを作ったところまでお伝えしました。

そこから工事は着々と進み、
次は壁をつくるために柱と柱の間に下地材や下地材受けとなる柱(間柱)を立て、
壁の下地材となる横胴縁を取り付けていきます。

間柱を立て横胴縁を取り付ければ、次はボードや合板で壁を起こしていきます。

ここでようやく大きな一つの空間から間仕切られた個々の空間になっていきます。

サッシの取り付け

先日サッシも取り付けられました。

室内から見た外の景色、明るさ、ガラス越しから差し込む光の様子など、
設計者たちも確認の瞬間でもあります。

フローリング貼り

養生しているのであまり見えませんが、床のフローリングも施工中です。

少しわかりづらいですが、
写真手前の段差がフローリングを貼るためのステージ(合板)とフローリングの境目です。

遠目から見てもキレイな節のない杉のフローリング。

比べなければわかりませんが、やはり節の少ないフローリングはとてもキレイです♪

引き続き工事の進捗を更新したいと思いますので、ぜひご覧ください。

また、来月には丹波市と明石市で着工します。

こちらもブログに書きたいと思っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

02月16日(火)

「そよ風ソーラー体感と薪ストーブを愉しむ集い」を開催しました

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら

 


小春日和の薪ストーブ

先週末開催した「そよ風ソーラー体感と薪ストーブを愉しむ集い」。

当日は小春日和のような暖かい日で
薪ストーブを体感していただくには暑かったですが、
実際に薪ストーブの火を見て、音を聞き、温かみを感じていただけたのではないでしょうか。

 

「お天気が良い=そよ風ソーラーが効く」

お天気が良かったので、そよ風ソーラーもよく効いていて効果を実感いただけたと思います。

そよ風ソーラーは屋根にガラス集熱パネルを設置して、
ガルバリウムの屋根とガラスパネルの間の暖かい空気を室内へ取り込みます。

ですので太陽が出ているお天気が良い日には
屋根で暖まった空気をたくさん取り込むことが出来るので
そよ風ソーラーがよく効くということです。

春秋の朝晩だけ暖房を使う時期に大変効果のあるそよ風ソーラー。

プレストが使っている無垢杉フローリングの柔らかく暖かい材との相性もバッチリです。

デメリットはお天気が悪い(太陽が出ていない)と暖かい空気を取り込めないという点ですが、
太陽熱を利用した自然エネルギーで暖房を補いながら
電気や燃料に頼りすぎない生活も良いのではないでしょうか。

そよ風ソーラーは「保城モデルハウス」でもご体感いただけます。
ご興味のある方はぜひお越しください。

▶︎モデルハウスご予約はこちらから

経年変化を知る

プレスト代表の住まいやOB見学会では
実際に暮らしている様子や築年数が経過した経年変化の具合もご確認いただいています。

それは自然素材を使っている以上、どうしても経年変化をしていくからです。

床はキズがつく、床や建具の色味も変わる、サンデッキや板貼りの外壁が褪せてくる…など
木の家の経年変化を受け入れられるかどうかを
ご自身の目でしっかりと確かめておく必要があると思っています。

それでもやっぱり木の家・プレストのお家がいいな、、と思っていただきましたら
土地探しからお手伝いしておりますので、まずはお気軽にご相談ください(^^)

最後になりましたが、

ご来場いただいた皆さま本当にありがとうございました。

そして3月末には完成見学会も予定しております。

3月初旬にはご案内できると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

02月10日(水)

プレストのリノベーション工事②

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら

 


外壁の解体

現状の外壁のやり替えに伴い丁寧に手壊ししています。

まだどんな外壁にするか未決定ですが、
屋根瓦はそのまま使用する予定です。

土台敷き

基礎工事が終わり、
新築時と同様に土台敷をしていきます。

土台敷とは基礎コンクリートの上に土台や大引きを置き、
基礎コンクリートと土台をアンカーボルトで繋いでいきます。

そして断熱材と合板を貼ってステージをつくるイメージです。

このステージができると次はフローリングを貼ることができます。

断熱改修と耐震改修

リノベーションをするにあたり重要なのが断熱改修です。

この断熱改修をしていないと
以前と同じように寒いままの住宅になってしまいます。

ですので壁の断熱もしっかりと施工していきます。

そして外壁側には耐力面材の「ダイライト」を貼っていきます。

ダイライトは地震・火災に強く、湿気を通すので腐りにくく、
シロアリにも強いとされています。

これもリノベーションだからできる耐震改修です。

表面的な改修はもちろんですが、
躯体を強化して「永く住み継ぐ家」にすることも大切ではないでしょうか。

防蟻処理

前回のブログで
改修前の床下にはシロアリの被害もなく綺麗だったと書きましたが、
今回は今後のシロアリ対策として新築時と同様に防蟻処理を行います。

薬剤の効果は約5年で消失するとされていますので、
新築の場合も同様に再処理をしておくと安心です。

プレストで建築された住まい手さまには、
保証満了時期に防蟻処理業者から案内が届くようですので、
その際はぜひ前向きにご検討してみてください。

次回も工事の進捗を更新したいと思います。

02月5日(金)

高砂市・大工工事とそとん壁の準備

姫路の工務店・自然素材を使った注文住宅のプレスト

★施工事例はこちら
★モデルハウス見学予約はこちら

 


ドライルームのある住まい

12月に着工した
高砂市の家族4人が暮らす、延床面積約31坪の住まい。

工事は順調に進んでいて、進捗状況については後ほど書きますが、
今回はいつもと違うところが少しありますのでご紹介したいと思います。

それは奥さま方の憧れ「ドライルーム」があります。

それもキッチンと扉一枚でつながっていて、
家事時短の最高の間取りです。

こちらは違う物件で設けたドライルーム。
洗濯機が隠せるように押し入れのように引き違い戸を造りつけています。

今は家事軽減の便利な家電がたくさんありますが、
それでも人がやらないといけないことは
効率化を図ると家事負担がかなり軽減されます。

それはどんな世帯でも家事の時間が軽減されれば、
有意義に使える時間が増えることになります。

ゆっくり読書をしたり、お子さまと遊んだり、
手の込んだお料理をしたり…と趣味の時間を楽しめますよね。

そんな有意義な時間がつくれるなら、
ドライルームを設けてみるのもいいのではないでしょうか。

共働き主婦目線ではかなりオススメです!

大工工事と外壁工事

工事の進捗は室内の階段がつき、壁のボード貼りも終わりつつあります。

階段がつくとお施主さまに2階を見ていただきやすくなりますし、
お子さまも自分のお部屋を確認できてワクワクするのではないでしょうか。

そして外壁のそとん壁の準備も着々と進んでいます。

今回はベージュ色のかき落とし+木部ウォルナット仕上げです。

年齢関係なく飽きのこない落ち着いたベージュ色は人気です!

これから下塗りをして、
天気や気温を見ながら慎重に塗り進めていきます。

左官職人さんの手で丁寧に塗り上げていくのでとても手間暇かかりますが、
その分味わい深い、それでいて柔らかな外観となります。

まだ少し先ですが、足場が取れてお目見えする日が楽しみです♪

間もなく内部の大工工事が終わり、
次は建具工事とキッチン工事へと進みます。

進捗状況も随時更新していきたいと思います。

1 2 3 4 5 6 7 9